• トップ /
  • デフレの解消と時事問題の関係

時事問題から見る金融面

デフレの解消と時事問題の関係

タンス預金がネットの時事問題

日本の経済にとって、為替は切っても切れない関係にあります。円高になると時事問題として取り上げられるの、いつものことになっています。なぜ円高がこれほど大きな問題になるのでしょうか。海外で事業展開をしている大企業は、1円の円高で400億円の減益になる計算です。この差額を、海外で商品に転嫁して販売できれば問題ないわけですが、同じ商品が為替で高くなるのでは競争に勝てません。国内では、金融のデフレが続いていることが時事問題になっています。デフレが長引いているので、解消する時期のメドが立ちません。金融では、いくら安い金利でお金を借りても、金利にみあう収益をあげられる事業が見つからないからお金を借りる人がいません。先日、中国のネットで時事の話題として、日本のタンス預金のことが取り上げられました。日本のタンス預金が、880兆円にもなっていることが信じられないというのです。治安の悪い国では考えられないことです。日本では、金融面でお金の価値がデフレのおかげでおかしくなっているとみられています。それだけのお金が、寝ているということはインフレは起こらないと日本人はたかをくくっていると考えられています。このお金を、掘り起こして活性化しないとお金を持っていることのほうが、株や不動産に投資するより資産になっているということです。よく地方で、あきすの被害で何十万円という被害が時事問題の話題になります。確かにお金が表面上タンス預金として保管されていることは事実です。なぜ、タンス預金になっているかをみんなで考えないと将来後悔することになります。

時事の必須情報

↑PAGE TOP

Menu