• トップ /
  • デフレ経済と時事問題の関連性

インフレが原因の紙幣価値

デフレ経済と時事問題の関連性

現役世代の負担となる時事問題

日本が抱える時事問題として、特に現役世代が注目しているのがデフレです。物の値段が平均値よりも下回る現象の事であり、いわゆる経済不況の時代においては、正しい状態とも言われています。確かに昨今のように現役世代の給与が、一時期の半分以下になっているような時代において、インフレ経済は庶民の暮らしの負担となり得ます。時事問題としてデフレ経済にもインフレ経済と同等かそれ以上のリスクがあります。それは紙幣価値が著しく上がってしまう弊害です。一見するとデフレ経済下の方が紙幣価値が下がるように感じられますが、それはインフレ経済下の話です。むしろデフレ経済下では、一万円を出して買える製品の数と質が極端に上がります。それだけなら時事問題にはなり難いのですが、昨今のような労働者の給与が低く、なおかつインフレを否定するような世論が形成させていると、紙幣価値が極端に上がるため、現役世代の負担が増すばかり、という時事問題が現れます。また本当に全ての物とサービスがデフレで値下がりしているのであれば、紙幣価値が高まっても弊害は少ないですが、現状の日本経済はスタグフレーションの状態であり、給与は少なく物価はなぜか高い、それでいて紙幣価値は上がるため、高齢者の貯蓄は潤い、現役世代は労働した対価を正しく受け取れず貧困状態に陥る、といった深刻な時事問題で出てきました。

時事の必須情報

↑PAGE TOP

Menu